【三井住友海上共催セミナー】共同配送戦略|2024年問題解決に向けて

開催日時: 2024年6月26日(水) 15:00-16:30

セミナー概要

2024年を迎えるにあたり、荷主企業の皆様が対応すべき物流タスクは多岐にわたります。本セミナーでは、三井住友海上火災保険㈱・㈱Logpose Technologiesが共同で、2024年の市場変化に対応し、安定した物流を実現するための戦略についてお話しいたします。三井住友海上火災保険株式会社からは、物流現場の現状と未来についてご説明し、ログポーステクノロジーズからは効率的な物流を実現する共同配送の実現方法と成功事例を紹介します。セミナーの最後には、質疑応答の時間も設けておりますので、2024年問題への対策に関心のある方は、ぜひご参加ください。

■このような方におすすめ

・2024年の市場変化に対応したい荷主企業経営幹部の方
・長期的な物流コスト削減と透明性向上を求める物流担当者の方
・安定した物流運営と品質向上を目指したい方

■日時

2024年6月26日(水) 15:00-16:30

■場所

オンライン開催(Zoom)

■講座内容

第一講座

「モノが運べなくなる!?物流現場の今と将来」


■モノが届かなくなるかもしれない将来
 ~運送事業者のルールを理解する

■これからの物流現場は、こう変わる
 ~政策パッケージなど国の考え方を理解する

■物流現場の生産性向上
 ~他社の事例を理解する

■荷主企業に今後求められる対応   等

三井住友海上火災保険株式会社
リテールマーケット戦略部 経営サポートチーム 課長(上席)
冨永 剛生

第二講座

「効率的な物流を実現する共同配送の実現方法と成功事例のご紹介」


■共同配送の基本概念と実現方法
■共同配送の成功事例
■共同配送のこれから
■共同配送マッチングLOGについて

株式会社Logpose Technologies
代表取締役CEO
羽室 行光

■セミナー概要

日時:2024年6月26日(水) 15:00-16:30
場所:オンライン開催(Zoom)
対象者:荷主企業経営幹部、物流部門責任者
費用:無料


■登壇者

三井住友海上火災保険株式会社 
リテールマーケット戦略部 経営サポートチーム 課長(上席)
冨永 剛生

金融機関にて法人営業、融資審査、事業再生等の業務に従事した後、2007年10月から現職。中堅・中小企業向けに、就業規則の整備・賃金体系の変更・評価制度の導入等の人事労務アドバイスや前職の経験を活かした経営計画策定支援・与信管理アドバイス、コーチング等の従業員・管理者研修講師、SDGsワークショップ講師を中心に活動中。中小企業診断士、社会保険労務士、CFP認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。


株式会社Logpose Technologies
代表取締役CEO
羽室 行光

関西大学総合情報学部卒業。新卒で株式会社船井総合研究所に入社。物流事業者へのコンサルティングに従事。その後、株式会社サイバーエージェントにて、AbemaTVの広告事業の立ち上げを経て、株式会社Logpose Technologiesを創業。
物流業界の知見・経験とAIなどのテクノロジーを使って、荷主、運送会社双方にとって最適な物流の実現を目指す。